<< 炎上 レタッチという名の安定剤 >>

10の19乗光年の彼方

e0204590_023832.jpg


西方浄土とはよく聞くが
浄土は東方にも北方にも
南方にもあるらしい。

だが
太陽が沈むゆく情景と
人の死が重なって

西方の浄土というものが
最も信奉されたのだろうと
説くサイトがあった。


やるべきことがあるのだが
やる気が少しも起動しない。

楽に流される
という言葉があるが

やるべきことは
サッサと終わらせた方が
ゼッタイ楽に決まってる。

いったい 私はいつ
自分を楽にするのだろう。


沈む夕陽を見ながら
遥か西方の浄土を思った。


e0204590_0233493.jpg


※西方浄土は十億万土の彼方にあるというが
 それを現在の値に換算すると10の19乗光年になる…らしい。
 柳谷晃・著『冥土の旅はなぜ四十九日なのか』より



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-09 00:00 | ふぉとぶらりぃ
<< 炎上 レタッチという名の安定剤 >>