タグ:川・用水路 ( 15 ) タグの人気記事

時間(とき)の狭間

あの日

インターネットで見つけた
自宅SHOPの雑貨屋さがして
山の中をグルグルと走り回った


行けども行けども
辺りには田畑しかなく
道も細く

農家の人に道を聞いても
何度も同じ場所に出るばかり


雑貨屋の電話番号を
控えてこなかったことを
しみじみ後悔して
川沿いを走っていたら

欄干の無い橋を見つけた


e0204590_2302770.jpg


その狭い橋を
クルマが
すうっと渡っていった

驚いたので
袂(たもと)にクルマを駐めて
橋に近寄ってみた


やっぱり狭い


犬と一緒に
歩いて渡ってみた


e0204590_2311618.jpg


水面(みなも)が
キラキラ輝いて


川のせせらぎも
ここちいい


e0204590_232634.jpg


橋の下に降りてみる

あれから渡るクルマもないし
私たちの他には誰もいない

川の音しか聞こえない


e0204590_233878.jpg


時間が止まったような

時間(とき)の狭間に
迷い込んでしまったような

不思議な感覚の中にいた


目当ての雑貨屋のことは
どうでもよくなっていた


e0204590_234139.jpg



そこから国道へ向かい
ショッピングセンターに立ち寄った

家電コーナーのテレビの前に
人だかりができていた

テレビの中で
アメーバ状のものが
ビニールハウスを呑み込んでゆく

画面の右下の警報を見るまで
それが津波だと
直ぐにはわからなかった



東北で
大きな地震が
あったことを

この時
初めて知った



家で写真を整理して
撮影時刻を確認したら

地震はあの橋を
渡った頃に起きていた

あの時
私は何も知らずに
至福の中にいた



あの日以来
無為に流れる時間を
無為に愉しむことは
なくなった

被災地から
遠く離れていても

見えない闇が
静かに
拡がっているのが判る



もう
あの至福の時には
戻れない


私にとって
あの橋は


確かに
時間(とき)の狭間に
あったのだ


e0204590_2351136.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-06-20 00:00 | たまには日記でも

1年後の鏡

e0204590_1571739.jpg


ブログを始めて1年が経った
初めて上げたタイトルは『鏡』

今年の鏡には
昨年と違う私の顔が映ってる


昨年の今頃は
喜怒哀楽の“怒と哀”が激しく
“喜と楽”に乏しかった

顔に能面が貼りついたように
何を見ても笑えなかった

けれど 今はやっと
元の自分らしさを取り戻せている

原因不明だった体の様々な症状も
いつのまにか消え失せて

日に3度も飲んでいた安定剤も
今は1度で済んでいる

時間が何よりの薬だと思った


さて 2年後の鏡には
どんな顔が映ってるだろうか


e0204590_1575014.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-12-09 00:00 | ふぉとぶらりぃ

お伽の国の魔法のベール

e0204590_1532140.jpg


秋が深まるにつれ
夕陽がますます美しくなる。

1日をどんな気分で過ごしても
素晴らしい夕景を見られたら
それだけで良い日だったと思う。


柔らかな温かい光に包まれて
心も体もとろけそう。

人を酔わせる
黄金(こがね)のベールは
お伽の国の魔法のようだ。


e0204590_1534420.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-05 00:00 | ふぉとぶらりぃ

初夏の選択

e0204590_0151844.jpg


今日はとても暑かった。
季節は春をすっ飛ばして
どんどん夏に向かってる。

本格的に暑くなる前に
片付けておきたいことが
たくさんある。

だけど

本格的に暑くなる前に
犬とあちこち
出かけておきたい。

なので
今日は迷わず
出かけることにした。

だって
明日死ぬかも知れないし
死なないまでも

いつ どんな悲劇に
見舞われるかわからない。

だったら
楽しめるうちは

楽しんでおいた方がいいに
決まってるもの。


e0204590_0161536.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-05-05 00:00 | ふぉとぶらりぃ

時間(とき)の急流

e0204590_392621.jpg


一月は行く
二月は逃げる
三月は去る


とは よく言ったものだ。

二月が短いとはいえ
既に四月も半ばだという事実に
ただ茫然とする。


あっという間に通過する列車も
乗ってしまえば
さほど早さを感じない。

それと同じに

時間(とき)の急流に飛び込んで
その流れに乗ってしまえば

もう時間を早く感じることも
なくなるだろうか。。。


e0204590_3102241.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-04-17 00:00 | ふぉとぶらりぃ

花疲れ

e0204590_259889.jpg


フリマに続いて花見に出かけたら
疲れて何もする気がなくなった。


花見で歩いて疲れることを
花疲れ というらしい。 (広辞苑)

花見のあとの気だるい心地
美しいものを見た充足感


と解説したサイトもあった。

遠近感を失わせる春霞の下(もと)
どこまでも白く膨張する満開の桜並木。

充足感はともかく
気だるい心地 というのは
ピッタリと当てはまる気がする。


春は自律神経が乱れて
体調を崩す人が多いらしいが

元気がない時に
「いや ちょっと花疲れでね…」
と答えたら

粋(イキ)かも知れない。


e0204590_31783.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-04-12 00:00 | ふぉとぶらりぃ

動脈硬化

e0204590_2301672.jpg


心の中にできてた血栓を
少しだけ取り除いてみた。

気持ちは また
ゆっくりと流れだした。

急な流れは体にこたえるが
止まっているのも体に悪い。

止まらないていどに
ゆったりと流れていたい。

でも 
それが

いちばん
難しいのかも知れないけど。


e0204590_231661.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-04-02 00:00 | ふぉとぶらりぃ

モラトリアム橋

e0204590_423396.jpg


渡ってみたい橋がある。

けれど
足を滑らせてしまいそうで
なかなか渡れない。

いつも横目で
通り過ぎてしまう。


橋を渡るのに必要なのは
勇気ではなく

渡らざるをえないほどの
窮地なのだ。

窮地に追い込まれないのは
幸福なことなのだろうか。

だんだん
わからなくなってきた。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-30 00:00 | ふぉとぶらりぃ

日向

e0204590_3392868.jpg


ひなたは
言葉の響きだけで
気持ちがいい。

雨が続くと
なおさらだ。

川も
笑ってるようだった。


e0204590_3402893.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-12 00:00 | ふぉとぶらりぃ

あきらめる

e0204590_34133.jpg


あきらめることは
やめることとは限らない。

あきらめて つづける

という選択もある。


後者は
勇気と覚悟が必要だ。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-02-11 00:00 | ふぉとぶらりぃ