<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

時間(とき)の狭間

あの日

インターネットで見つけた
自宅SHOPの雑貨屋さがして
山の中をグルグルと走り回った


行けども行けども
辺りには田畑しかなく
道も細く

農家の人に道を聞いても
何度も同じ場所に出るばかり


雑貨屋の電話番号を
控えてこなかったことを
しみじみ後悔して
川沿いを走っていたら

欄干の無い橋を見つけた


e0204590_2302770.jpg


その狭い橋を
クルマが
すうっと渡っていった

驚いたので
袂(たもと)にクルマを駐めて
橋に近寄ってみた


やっぱり狭い


犬と一緒に
歩いて渡ってみた


e0204590_2311618.jpg


水面(みなも)が
キラキラ輝いて


川のせせらぎも
ここちいい


e0204590_232634.jpg


橋の下に降りてみる

あれから渡るクルマもないし
私たちの他には誰もいない

川の音しか聞こえない


e0204590_233878.jpg


時間が止まったような

時間(とき)の狭間に
迷い込んでしまったような

不思議な感覚の中にいた


目当ての雑貨屋のことは
どうでもよくなっていた


e0204590_234139.jpg



そこから国道へ向かい
ショッピングセンターに立ち寄った

家電コーナーのテレビの前に
人だかりができていた

テレビの中で
アメーバ状のものが
ビニールハウスを呑み込んでゆく

画面の右下の警報を見るまで
それが津波だと
直ぐにはわからなかった



東北で
大きな地震が
あったことを

この時
初めて知った



家で写真を整理して
撮影時刻を確認したら

地震はあの橋を
渡った頃に起きていた

あの時
私は何も知らずに
至福の中にいた



あの日以来
無為に流れる時間を
無為に愉しむことは
なくなった

被災地から
遠く離れていても

見えない闇が
静かに
拡がっているのが判る



もう
あの至福の時には
戻れない


私にとって
あの橋は


確かに
時間(とき)の狭間に
あったのだ


e0204590_2351136.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-06-20 00:00 | たまには日記でも