<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

モラトリアム橋

e0204590_423396.jpg


渡ってみたい橋がある。

けれど
足を滑らせてしまいそうで
なかなか渡れない。

いつも横目で
通り過ぎてしまう。


橋を渡るのに必要なのは
勇気ではなく

渡らざるをえないほどの
窮地なのだ。

窮地に追い込まれないのは
幸福なことなのだろうか。

だんだん
わからなくなってきた。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-30 00:00 | ふぉとぶらりぃ

アバターを観た

e0204590_2593038.jpg


今頃だけど
やっと『アバター』を3Dで観た。

長いので 中だるみがあったけど
映像の美しさで
最後まで飽きずに観ることができた。

特にヒロインのネイティリが魅力的で
彼女に感情移入しすぎて
彼女と一緒に 何度かポロポロと泣いた。

この感情移入を相互にできれば
それが この映画で語ろうとした
生命全てに繋がる“リンク”に思えた。


e0204590_314690.jpg


それならば

この美しい世界を
破壊しようとする側とも“リンク”して
彼らを思いとどまらせる方向に
物語を展開させて欲しかった。

結局 自分たちの大切なものを守るには
闘うしかないという結末に向かったのは哀しい。

しかも主人公は 愛する者のために
昨日まで同胞だった者たちを殺すのも厭わない。

そのことが
物語のテーマと反する気がして

強い違和感が残った。


e0204590_311371.jpg

※写真は2007年5月に撮った我が家のシュロの木。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-26 00:00 | たまには日記でも

使ってるカメラのこと

e0204590_2262361.jpg


自分のことを書くのは苦手なのだけど
とりあえず使ってるカメラのことなど。

使ってるのは Panasonic の LUMIXで
DMC-FZ7というコンパクトカメラ。
2005年の3月に購入。


もう2回修理に出してるポンコツで
バッテリーの消耗も激しく
ズームなんか使ったら 一発で電池が切れる。

それから 撮影は犬の散歩のついでが多く
2匹  つまり2本のリードを持ってるので
構図を決めて撮るということが ほぼ不可能。

なので ちょっとでもいいなと思ったら
オートで ズームもなしでシャッター切って
どう撮れたかは【運まかせ】という適当さ。

あとは Photoshop という画像処理ソフトで
トリミングして 彩度やカラーバランスを
変えて......という この工程が一番好き。


で 文章は 撮れた写真を眺めながら
浮かんだ言葉を綴るのを基本としてるけど

たまに言葉の方が先に浮かぶこともあって
そんな時は 文に合う写真を捜すのが大変!

で 写真と文とどちらがメインかといえば
両方あって ひとつのセットで
どちらが欠けても中途半端だと思ってます。


そんなブログですが
見にきてくださってありがとう!


e0204590_2272633.jpg

※右は今使ってるコンデジで
 左はもっと前に使ってた320万画素のデジカメ。
 これまで上げた画像の中には一部このカメラで
 撮ったものもあります。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-25 00:00 | 使ってるカメラのこと

羅針盤のない舟

e0204590_323414.jpg


数年前に亡くなった知人と
船で旅をする夢を見た。

死をよく「旅立つ」と表現するが
私には「帰還」のイメージが強い。

生きることこそが「旅」に思える。


知人は船を降り
私は
まだ流浪を続けている。

目指す港もないままに。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-23 00:00 | ふぉとぶらりぃ

道は近きにあり

e0204590_2541678.jpg


歩く 歩く

道の向こうへ

何かを求めて



道は近きにあり
しかるにこれを遠きに求む


身近なところに道理があるのに
敢て高遠なところに求めようと
することの意 (広辞苑より)



e0204590_254541.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-22 00:00 | ふぉとぶらりぃ

輝く緑の中で

e0204590_2455935.jpg


春の陽光の中にいると
体が悦んでいるのがわかる。



やっぱり人間も
自然の一部だなぁと思う。


e0204590_352284.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-20 00:00 | ふぉとぶらりぃ

散歩道はアートでいっぱい

e0204590_2245220.jpg


最近何かとストレスフルな
毎日を送ってる。

イライラする時は
とにかく散歩に出る。

散歩に出ても
ストレスな問題は頭から離れない。
上の空で歩いてしまう。

だから
カメラを持って出る。


e0204590_2261886.jpg


カメラを持って出ると
被写体さがしに忙しくなる。
問題が頭から遠ざかる。

気に入ったものが撮れたら
パソコンに取り込む。
画像ソフトで加工する。

更に問題が頭から遠ざかる。


e0204590_228977.jpg


そんなふうに
私は写真に助けられている。


e0204590_231997.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-19 00:00 | その他

小さな丈くらべ

e0204590_2122137.jpg


外を見渡せば
いつのまにか土筆が
背丈を競い合っていた。


私の中で育った
最もチッポケな性分(もの)。
それは

負けず嫌い

もう要らないから
さっさと摘んでしまおう。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-15 00:00 | ふぉとぶらりぃ

死者も寛ぐ場所

e0204590_222511.jpg


公園は
たくさんの人たちの
安らぎで充ちている。

その空気に感染したくて
みんな公園に出かけるのだろう。


私が犬の散歩でよく行く公園は
直ぐ裏に斎苑があって

その公園の
気持ちの良い空気の中を
歩いていると

死者がベンチに座っていたり
一緒に遊歩道を歩いていたり

そんな長閑(のどか)な絵が
心に浮かんでくる。

苦しんで亡くなった人も
不自由な容れ物(体)から解放されて

この公園で
のんびり寛げているなら
いいなぁと思う。


※写真は
 裏に斎苑のある公園とは別です。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-14 00:00 | ふぉとぶらりぃ

日向

e0204590_3392868.jpg


ひなたは
言葉の響きだけで
気持ちがいい。

雨が続くと
なおさらだ。

川も
笑ってるようだった。


e0204590_3402893.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-12 00:00 | ふぉとぶらりぃ