カテゴリ:たまには日記でも( 9 )

時間(とき)の狭間

あの日

インターネットで見つけた
自宅SHOPの雑貨屋さがして
山の中をグルグルと走り回った


行けども行けども
辺りには田畑しかなく
道も細く

農家の人に道を聞いても
何度も同じ場所に出るばかり


雑貨屋の電話番号を
控えてこなかったことを
しみじみ後悔して
川沿いを走っていたら

欄干の無い橋を見つけた


e0204590_2302770.jpg


その狭い橋を
クルマが
すうっと渡っていった

驚いたので
袂(たもと)にクルマを駐めて
橋に近寄ってみた


やっぱり狭い


犬と一緒に
歩いて渡ってみた


e0204590_2311618.jpg


水面(みなも)が
キラキラ輝いて


川のせせらぎも
ここちいい


e0204590_232634.jpg


橋の下に降りてみる

あれから渡るクルマもないし
私たちの他には誰もいない

川の音しか聞こえない


e0204590_233878.jpg


時間が止まったような

時間(とき)の狭間に
迷い込んでしまったような

不思議な感覚の中にいた


目当ての雑貨屋のことは
どうでもよくなっていた


e0204590_234139.jpg



そこから国道へ向かい
ショッピングセンターに立ち寄った

家電コーナーのテレビの前に
人だかりができていた

テレビの中で
アメーバ状のものが
ビニールハウスを呑み込んでゆく

画面の右下の警報を見るまで
それが津波だと
直ぐにはわからなかった



東北で
大きな地震が
あったことを

この時
初めて知った



家で写真を整理して
撮影時刻を確認したら

地震はあの橋を
渡った頃に起きていた

あの時
私は何も知らずに
至福の中にいた



あの日以来
無為に流れる時間を
無為に愉しむことは
なくなった

被災地から
遠く離れていても

見えない闇が
静かに
拡がっているのが判る



もう
あの至福の時には
戻れない


私にとって
あの橋は


確かに
時間(とき)の狭間に
あったのだ


e0204590_2351136.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-06-20 00:00 | たまには日記でも

今年初めての

e0204590_21344117.jpg



今年初めての雪

ではなくて

今年初めて撮った写真

しかも4日前の

温暖な瀬戸内側でも
珍しく雪が積もった

ウッスラだけどね



e0204590_21354056.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-02-16 00:00 | たまには日記でも

二月病

e0204590_214221.jpg


二月は毎年なぜか
憂鬱になる

体のどこかしらが痛んで

何をやるにも
怠さばかりが先に立つ


こんな時期は

ただ通り過ぎるのを
待つしかない


恐らくは

冬の寒さに慣れた体が
春の訪れに

戸惑って
いるだけだろうから









ところで
【二月病】を検索してみたら

二月の恋愛イベント“バレンタインデー”に際し
チョコレートがもらえるあてのない男性や
2月14日当日実際にチョコレートがもらえなかった
男性に見られる孤独感など
精神的ストレスからくる症状のこと


とあって



こけた…




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-02-10 00:00 | たまには日記でも

レタッチという名の安定剤

e0204590_222221.jpg


風邪気味なのか体調が悪い。

犬の散歩に出かけて
夕ご飯の支度をしたら
動けなくなった。

横になっていても
気分はいっこう良くならない。

気分転換にネットを見ても
人の元気な書き込みに
気持ちはますます沈むばかり。


ネガティブな書き込みは
人を不快にすることがあるが

体調が良くない時は
人の元気な書き込みが毒になる。


なので ブラウザーを閉じて

溜まった写真の加工(レタッチ)で
気分を紛らしてみる。

先月 フリマの帰りに寄った
ショッピングセンターの
2階から見た夕焼けの写真。

ブログに上げる写真を選んだり
レタッチをしているうちに

気分はだいぶ良くなってきた。


e0204590_225371.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-06 00:00 | たまには日記でも

考えなし

e0204590_1443059.jpg


今日買い物に出かけた
スーパーマーケットで

迷いこんだクロアゲハが
大きな羽をパタパタと
窓ガラスに打ちつけていた。

そっと手を伸ばしたら
身を任せるように捕まった。


店の外は炎天下。
裏に茂みを見つけて放したら
大きな蜘蛛の巣があることに
手を放してから気がついた。

茂みに蜘蛛がいることくらい
ちょっと考えたら
わかりそうなものなのに。


幸い蜘蛛の糸には掛からずに
茂みの奥へと飛んでいったが

もし蜘蛛に捕まったとしても

店に迷いこんだことも
私に見つかったことも
放した茂みに蜘蛛がいたことも

すべては
蝶の運命だったと思いたい。


e0204590_14431847.jpg

※写真はハグロトンボとオオシロカネグモ。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-08-27 00:00 | たまには日記でも

えらくて えらい

e0204590_22223883.jpg


ねっとりと纏わりつく湿気に
気力も体力も奪われていく。

何もしたくない気持ちに鞭打って
犬の散歩に出かけたら

近所のお婆さんが
ベンチに腰掛けて畑を見ていた。


お婆さんは昨年と今年
二度 動脈瘤の手術をしたそうだ。

恰幅のよかった体が小さくなって
いつも威勢がよかった声も
かすれて出しづらそうだった。

その 消え入りそうな声で
「生きてるだけでえらい (つらい)」
と 言った。


人にあまり優しくない私だが
手が自然に伸びて
お婆さんの背中をさすってた。

同情からではなく
お婆さんの言葉が心に沁みたから。

ほんとう 人間は
生きてるだけでえらい (偉い)


お婆さんと別れて歩いていくと
道端に背の高い
紫色の花が咲いていた。

帰ってからWebで調べて
ヤナギハナガサだと知った。

花言葉は 福運に (お幸せに)


e0204590_2223310.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-06-20 00:00 | たまには日記でも

フリマ初出店

e0204590_2365771.jpg


桜が満開だった昨日の日曜日。
溜まった不用品を片付けようと
フリーマーケットに初参加した。


驚いたのは

売り物入れたダンボール箱を
ブースに積んだ時点で
客がワラワラと群がってきたこと。

更にもっと驚いたのは

こちらが売り物を並べないうちに
客がダンボール箱を
どんどん勝手に開けていったことだ。


値札を貼るまもなく
値段を聞くや どんどん値切る。

これでギリギリなんですぅ〜と謝れば
そんなんじゃ客がヒクわよと怒られ
売り方のコツを説教アドバイスされた。

その間にも他の客が値段を聞いてくる。
袋に入れようとサイズの合うの捜したら
早くしてとまた怒られる。

素人が相手でも客は容赦がない。
まだ受け付けも済ませてなかったから
プチパニックに陥った。


で 売り物が少なかったのと
捨て値で売ったのとで2時間でほぼ完売。
昼前には店をたたんで
あとは客の立場で楽しんだ。


売り物を並べ終えた時点で
記念撮影しておきたかったが
撮れたのは撤去した後のブースだけ。


ま 面白かったからいいけどね。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-04-05 00:00 | たまには日記でも

アバターを観た

e0204590_2593038.jpg


今頃だけど
やっと『アバター』を3Dで観た。

長いので 中だるみがあったけど
映像の美しさで
最後まで飽きずに観ることができた。

特にヒロインのネイティリが魅力的で
彼女に感情移入しすぎて
彼女と一緒に 何度かポロポロと泣いた。

この感情移入を相互にできれば
それが この映画で語ろうとした
生命全てに繋がる“リンク”に思えた。


e0204590_314690.jpg


それならば

この美しい世界を
破壊しようとする側とも“リンク”して
彼らを思いとどまらせる方向に
物語を展開させて欲しかった。

結局 自分たちの大切なものを守るには
闘うしかないという結末に向かったのは哀しい。

しかも主人公は 愛する者のために
昨日まで同胞だった者たちを殺すのも厭わない。

そのことが
物語のテーマと反する気がして

強い違和感が残った。


e0204590_311371.jpg

※写真は2007年5月に撮った我が家のシュロの木。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-03-26 00:00 | たまには日記でも

年越しのハプニング

e0204590_275354.jpg


昨年暮れ 行く手をカラスの群れに阻まれた。
その翌日 熱が出て
大病院の夜間外来に駆け込んだ。

インフルエンザの検査を受けたが陰性だった。
検査結果は100%ではないので
高熱が続くようだったら休日診療所へ行って
診てもらってください。と
解熱用の頓服だけを渡されて帰ってきた。

熱は解熱剤で下げても すぐにまた上がった。
2日後 診療所で再検査を受けたら陽性だった。
タミフルをもらったが 48時間を過ぎてたので
効くかどうかわからない。

それよりも 私が大病院でもらった解熱剤は
インフルエンザを悪化させるという報告が出て
いるとのこと。驚いた。
検査結果が100%ではないと言ってたのだから
疑わしい場合は安全な薬を出すべきだろう。
もっとも 安全な薬などないのかも知れないが。

そんな訳で 除夜の鐘は寝床の中で聞いた。
食欲もなく 寂しい正月になった。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-01-05 00:00 | たまには日記でも