カテゴリ:ふぉとぶらりぃ( 106 )

円 (バランスの中心)

e0204590_23213281.jpg



我々が
1本の線の上に居るとして

自分は
線の真ん中 (バランスの中心) に
居るものと思いがちだが

おそらく
その線は円を描いていて

線の上に真ん中は存在しない

真ん中は円の内側にあるのだ
と 私は思う

と いうことは

バランスの中心へ行くには
線から降りるしかない

が さて

線から降りるというのは
どういうことだろうか…




※写真は2009年6月7日に撮影したものです。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-03-07 00:00 | ふぉとぶらりぃ

浄化

e0204590_118571.jpg


心を無にすることは
できなくても

できるだけ
透明に近づけたい



おおよその苦しみは

周囲が見えなくなることで
もたらされると思うから



視界を遮っているのは

多分

常に

自分だ




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-02-24 00:00 | ふぉとぶらりぃ

まどろむ昼下がり

e0204590_2310260.jpg


明るすぎない

ゆるい光に照らされて

薄ぼんやりと過ごす午後



人生の昼下がり


まどろみの時間(とき)





※昼下がりは正午から午後2時頃までを指すらしいですが
 私は昼から夕刻までをイメージして使いました。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-02-03 00:00 | ふぉとぶらりぃ

喧騒から逃れて

e0204590_310636.jpg


惑わず

流されず


静まって

そこに在る


極上の時間


e0204590_3104368.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-02-01 00:00 | ふぉとぶらりぃ

内なる龍を鎮める

e0204590_141527.jpg


ときどき

ふつふつと
沸き上がる思いが

どうしようもなく
私を疲れさせる


私は ただ

静かに暮らして
いたいだけなのだ


e0204590_1423275.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2011-01-28 00:00 | ふぉとぶらりぃ

1年後の鏡

e0204590_1571739.jpg


ブログを始めて1年が経った
初めて上げたタイトルは『鏡』

今年の鏡には
昨年と違う私の顔が映ってる


昨年の今頃は
喜怒哀楽の“怒と哀”が激しく
“喜と楽”に乏しかった

顔に能面が貼りついたように
何を見ても笑えなかった

けれど 今はやっと
元の自分らしさを取り戻せている

原因不明だった体の様々な症状も
いつのまにか消え失せて

日に3度も飲んでいた安定剤も
今は1度で済んでいる

時間が何よりの薬だと思った


さて 2年後の鏡には
どんな顔が映ってるだろうか


e0204590_1575014.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-12-09 00:00 | ふぉとぶらりぃ

迷彩色の森で

e0204590_2225297.jpg


木々は時期が来ると
見事に葉の色を染める


いつも偶然に任せて
生きてきた私は


人生の晩秋を迎えても
未だ染める色を持たず


その時期すらもわからない


それでも
やがては


容赦なく枯れていくだろう


それまでは
せめて


私なりの色に
染まることを願いつつ


e0204590_224627.jpg

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-25 00:00 | ふぉとぶらりぃ

炎上

e0204590_17304812.jpg


憂鬱感が高まって
心は殆ど炎上状態


燃え尽きて
灰になれればいいけれど


この閉塞感の中では


不完全燃焼を起こして
窒息しそうだ



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-12 00:00 | ふぉとぶらりぃ

10の19乗光年の彼方

e0204590_023832.jpg


西方浄土とはよく聞くが
浄土は東方にも北方にも
南方にもあるらしい。

だが
太陽が沈むゆく情景と
人の死が重なって

西方の浄土というものが
最も信奉されたのだろうと
説くサイトがあった。


やるべきことがあるのだが
やる気が少しも起動しない。

楽に流される
という言葉があるが

やるべきことは
サッサと終わらせた方が
ゼッタイ楽に決まってる。

いったい 私はいつ
自分を楽にするのだろう。


沈む夕陽を見ながら
遥か西方の浄土を思った。


e0204590_0233493.jpg


※西方浄土は十億万土の彼方にあるというが
 それを現在の値に換算すると10の19乗光年になる…らしい。
 柳谷晃・著『冥土の旅はなぜ四十九日なのか』より



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-09 00:00 | ふぉとぶらりぃ

お伽の国の魔法のベール

e0204590_1532140.jpg


秋が深まるにつれ
夕陽がますます美しくなる。

1日をどんな気分で過ごしても
素晴らしい夕景を見られたら
それだけで良い日だったと思う。


柔らかな温かい光に包まれて
心も体もとろけそう。

人を酔わせる
黄金(こがね)のベールは
お伽の国の魔法のようだ。


e0204590_1534420.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by n_segawa | 2010-11-05 00:00 | ふぉとぶらりぃ